まとめ

事故被害に遭ってからの流れをなんとなくでもつかんでいただけたでしょうか。まずは状況確認です。それから警察に連絡をし、落ち着いて確認した状況を伝えます。そして警察の到着を待つ間に加害者の住所氏名、保険会社を聞きます。

警察が到着したらきちんと人身事故として届け出ましょう。そうしなければ示談交渉のときに有用な資料を警察は作成してくれません。そして、入院、通院が必要な際はすぐに病院に行きましょう。事件後しばらくたってから病院に行き治療を始めても事故との因果関係を相手保険会社に疑われて慰謝料を請求できない場合があります。

そして、治療も落ち着いてきたら、弁護士の方に相談しましょう。あなたに信頼できる弁護士がいる場合には、事件の流れをリアルタイムで知ってもらうためにできるだけ早いうちから相談をした方が良いです。

信頼できる弁護士がいない場合には急いで適当な弁護士に連絡をすることは避けましょう。やはりいざというときのために信頼できる弁護士を見つけておくことは重要です。弁護士に連絡をし、事件に着手してくれるということであれば、後は弁護士の方に任せましょう。

弁護士と相談を重ね、よりよい示談をしてください。さて、これまでのおさらいをしましたが、大きな事故被害に遭ってしまうと事故が起きているその瞬間も大変なのですが、その後処理も大変です。

やはり交通事故に会わないことが最も大切なことです。常日頃安全には注意を払いましょう。

「報酬形態」

投稿日: