報酬形態

示談金、賠償金を相手保険会社から思ったより支払ってもらえなかった場合、弁護士に相談することをお勧めします。

個人のちからではいくら抗議を申し立てようと相手にしてもらうことはかないません。そこで、法律に精通した弁護士の力を借りるのです。しかし、弁護士を雇うと余計に高くなるのでは、弁護士に頼んで賠償金の額が変わらなかったら自分が損をするだけなのでは無いかと心配される方もいらっしゃるかと思います。

しかし、安心してください。

現在、ほとんどの大手法律相談事務所は相談料、着手金を無料でサービスを行っています。これによりもしも、もらえる金額が増加しなくてもあなたが損をする心配はありません。では、どこから弁護士の方に報酬金を支払うのかというと、増加した回収額のだいたい1割くらいを報酬とします。

回収できる額の増減はその担当する弁護士の腕にかかっているわけですから、あなたの心強い味方となることは間違いありません。

弁護士の方に相談するのに心配することは何も無いと、おわかりいただけたでしょうか。あなたが受け取った示談金や賠償金の額に少しでも不満や違和感を抱いたなら、相談だけでもしてみてはいかがでしょうか。ただし、どうみてもあなたが不利な状態であれば弁護を断られる可能性もあるため、それは頭の片隅に置いておきましょう。

「まとめ」

投稿日: