弁護士の利用


交通事故というのは身近な存在でいて、もしも起こってしまったらあなたはその事実を生涯忘れられないことでしょう。交通事故の規模によってはちょっとしたいざこざですみますし、人命に関わるような大事にもなり得ます。

事故になってしまえばその全てで被害者と加害者が生まれ、損害とその賠償も発生します。そうなったときにもしもあなたに法についての知識が無ければ、あなたが加害者であろうと被害者であろうと大きな損をすることになるでしょう。

そんなときにあなたの味方になってくれるのが法のスペシャリストである弁護士です。

今回はそんな困ったときの味方である弁護士についてご紹介します。

弁護士には、三つの義務があります。少し省略して紹介すると、一つ目は基本的人権を擁護し、社会正義を実現することを使命として社会秩序の維持および法律制度の改善に努力しなければならない。二つ目は深い教養の保持をし、法律および法律事務に精通しなければならない。

三つ目は弁護士は、当事者その他関係人の依頼や訴訟事件、審査請求などに関する行為その他一般の法律事務を行うことを職務とする、です。こうしてみると弁護士はあらゆる法律に精通しているこのように思えます。

しかし、弁護士といえど一人の人間です。弁護士にも分野によっては得意不得意があり、また、経験の浅い弁護士の方も必ず一定数は存在します。つまり、あなたが交通事故の示談交渉でよりよい示談内容にするためにはベテランの交通事故関係に強い実績のある弁護士を知っておく必要があります。

「まとめ」

参考元-弁護士法人アディーレ法律事務所

投稿日: